情報セキュリティ基本方針

B-Prost(以下当社という)は、保険業務,保険システム有識者による最善、最適なソリューションを提供していくことを理念として、業務/システムを融合し安定から改善、改善から改革にいたるプロセスの提案から最善・最適なソリューションの提供を目指すビジネスウェアのプロフェッショナル集団として位置づいていることを自負いたしております。また、Fintech、地域創生等の社会情勢を踏まえ、先進技術を背景とした新たな業務領域でのシステム構築の取り組みも始めております。このような中、日々の活動において強固な情報セキュリティに取り組むことは極めて重要な責務であると認識しております。

この考えのもと、事業活動のために保有または利用する情報資産を盗難、改ざん、破壊、漏えい、不正アクセス行為等の脅威から保護し、適切に管理・運用を行うための指針として、情報セキュリティ基本方針(以下本基本方針という)を定めました。当社すべての役員、従業員等(以下従業員という)が本基本方針に従い、倫理観をもって業務に携わることを宣言いたします。

  1. 情報セキュリティポリシーの策定

    当社経営陣の意向表明に従い情報セキュリティポリシーを策定し、従業員へ周知徹底する。従業員は、本情報セキュリティポリシーを遵守して情報セキュリティ対策を遂行する。

  2. 情報セキュリティマネジメント体制の確立

    情報セキュリティマネジメントシステムを推進する上で、情報セキュリティ管理責任者を設置し、情報セキュリティ管理責任者の指揮の下、情報セキュリティの維持、向上に取り組む。また、これらの取り組みを定期的に監査し、改善に努める体制を整備する。

  3. セキュリティ対策の実施

    当社の情報資産を保護するためにリスクアセスメントを実施し、情報漏洩対策、不正アクセス対策、ウイルス対策、信頼性対策などのセキュリティ対策を実施する。

  4. 見直し

    経営環境の変化、社会環境や法規制の変化、情報関連技術の最新動向および新たに発見されたリスクに照らし合わせて、本基本方針の適宜見直しを行い、継続的な改善を行う。

  5. 法令および契約上の要求事項への適合

    当社情報セキュリティに関連する法令、国が定める規範又は契約上の義務並びにセキュリティ上の要求事項に対する違反を避けるため、これらの要求事項を明確にして適合するための対策を策定し実施する。

  6. 業務委託に関するセキュリティ対策

    当社業務の外部委託について、会社機密情報および個人情報の保護の観点から、委託先の適格性の審査、契約書の内容に関する見直し、改善を図る。

  7. 情報セキュリティに関する教育・訓練

    従業員に対し、定期的な情報セキュリティに関する教育・訓練を行い、情報セキュリティの重要性、情報資産の適切な取り扱いおよび管理に関し周知・徹底を図る

制定日  2017年11月1日
株式会社B-Prost
代表取締役 魚住 憲治